2017年12月11日

緑藻、アオミドロ対策ができた!

藻がすごい、藻がすごい、とアホみたいに言い続けてきましたが、
本当にアクアがつまらなくなるくらい藻がひどかったです。

この藻は、ネットで調べたり、
ショップで聞いてみたりした結果、
結局アオミドロのようです。

そして、対応策をいろいろ試しても全く減る気配がなかったのですが、
ついに!

ほぼなくなりました!


で、何をしたかというお話ですが、
まず、基本はエビに食べてもらうことです。

僕は最初、この藻はエビが食べないと思ってました。
アオミドロはエビが食べるので、
この藻は食べないからアオミドロじゃない!と思っていたんです。
だから「藻」とか「緑藻」とかって言っていたんですね。
アオミドロも緑藻なんで間違いではないですが。

それで、このアオミドロはエビが食べないんじゃなくて、
恐らくエビが食べる量よりアオミドロの増殖スピードが上回っていたんです。
だからアオミドロが減らずにエビが食べていないように見えたんですね。

だからアオミドロを減らすにはエビに食べてもらい、
他の対策は主にアオミドロを増やさない手段となります。

僕がアオミドロ撲滅のために行ったことは、
まずアオミドロを極力自分の手で減らすことです。
水槽に付いてるアオミドロは掃除して出します。
水草に付いてるやつは、水草からはがそうとして引っ張ると水草が抜けたりするし、
くっついてる力も強いのでなかなか取れません。
なので、根本付近からバッサバッサと水草をカットして、
アオミドロごと捨てました。
素材もアオミドロだらけだったので出しました。
アヌビアスやミクロソリウムなどは
割とアオミドロだけ引っ張れるので極力取り除きます。

どうせアオミドロだらけになったら水草も捨てるしかなくなるので、
ここら辺はヤケクソ半分で潔くバシバシ切ったり取ったりしまくりました。
とにかく極力アオミドロを水槽内から減らすということです。

そして何よりエビです。
サブ水槽は36×22×26cmというサイズで、
水量は約18リットルというところ。
ヤマトヌマエビは10匹ほどいましたが、
チャームでトゲナシヌマエビを12匹購入、
近くのお店でさらにヤマトを10匹、
また後日さらに5匹追加しました。
脱走者が結構いたのですが、25匹くらいはいたんじゃないかと思います。
60cm水槽の水量に換算すると、75匹分くらいになりますかね。
アオミドロがなくならなければ水草は捨てるしかないので、
食害を受けてもいいや、という気持ちでした。

そして、遮光はしませんでしたが、照明はつけませんでした。
照明をつけるとアオミドロが増えると思ったからです。
そしてエアレーションを24時間行いました。

さらに、水の富栄養化を防ぐために魚の餌をすごく減らして本当にちょっとにしました。
こんだけ!?ってくらい。
それを1日1回です。

水替えは1週間に1回、半分くらい。
やる気になったときは2週間で3回くらい。

それと、PHが8くらいで高かったのが気になり、
ADAのソフトウォーターを持ってるのですが、
全然PH下がらないので、クエン酸とか入れたりしてました。
安上がりだし、ちょっと多めに入れちゃうとガツンと下がるんですが、
1日経つと元に戻ったりして、
環境変化も大きいせいか、生体に犠牲者が出始めたのでやめました。
ソフトウォーターを毎日1プッシュ(本当は水を換えた時に10Lに対し1プッシュが規定量です)して
様子を見ることにして、それでも本当にちょっとずつ下がっていったかな?って程度でした。

アオミドロなど藻類はアルカリを好むというのをネットで見たことと、
PHが高いと水草も育たないと思うので、
ここはお金かかってでも対策をしようと思って、
また今後も役に立つだろうと思って
デジタルのPH計も買いました。

考えてみると、最初に立ち上げた水槽は
半年経った頃からアオミドロが出始めました。
いつからだったかはハッキリしませんが、
途中からブライティKを添加し始めたんです。
カリウムはコケの原因にならないと言われていて、
お店でもそう言われたんですが、
カリウムはアルカリ性なんですよね。
カリウムがコケの直接の原因にならないとしても、
添加することによって、ただでさえ水道水のPHが高めなのに、
さらに水質がアルカリに寄っていって、
アオミドロの好む水質になってしまったんじゃないかと自分なりに思いました。
その当時の水質は測ってないので推測に過ぎませんが。

今は自作カリウム液にクエン酸を入れて
PHを調整しています。
ADAにも今はアルカリ性じゃないブライティも出てるようですが。

そんなこんなで、まとめると、

・アオミドロを物理的に減らす。
・とにかく入れ過ぎくらいにエビを入れる。
・遮光してもいいですが、照明はオフ。
・餌はとにかく少なめ。
・換水は多めに。
・PHはアルカリにならないようにする。

これらが僕のやったことです。

やる気のなくなった小水槽のアオミドロ。

IMG_0270.JPG

IMG_0271.JPG

MAXはさらにひどくて。

20171210161120769.jpg

ここからできるだけアオミドロを排除して、水草をカット。

20171210211813810.jpg


それが、こうなりました。

20171210161217474.jpg

モサモサにやられてたアヌビアスもきれいに。

20171210161400288.jpg

今はアオミドロを探しても見つかりません。
撲滅したと言えると思います。

前に悩んでいたとき、コメントでアドバイスくれた方々、
本当にありがとうございました。
その時は結構「どれも試した」という返答になってしまったんですが、
今思えば試し方ややり方が間違っていたこともありました。
結局みなさんの言う対策は全部正しかったです。

僕が取った対策の中にも効果のなかったものもあるかもしれません。
複合的にやったのでどれが効果的だったのかも分かりませんが、
エビが一番効くんじゃないかと思います。

ただ、大量にエビを投入しても、
後々そのエビをどうするのかという問題もあるので、
水槽1つしかないとかだと厳しいかもしれないですね。

長くなってしまいましたが、
僕はこのアオミドロのせいでアクアが本当につまらなくなりました。
次立ち上げる水槽もアオミドロに犯されたらアクアやめようかなとか思ったりもしていました。


それくらいアクアのやる気をなくさせるコケ類なので、
これでもし悩んでる人がいたら、
少しでも解決のヒントにでもなればいいなと思います。

スポンサーリンク



posted by GT at 10:02 | Comment(1) | 60cm水槽 全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にほんブログ村